ウォーターレーズMD

最新レーザー治療  『ウォーターレーズMD』

当院では2種類のレーザー治療器を使用しております。
歯科で一般的な『CO2レーザー』と、最新の『ウォーターレーズMD』。

『ウォーターレーズMD』とは?
レーザーのパワーによって水を高速で打ち出し、歯茎や歯、骨までも切ることができます。
水で組織を切るため、きわめて痛みが少なく、治癒が早い。

『CO2レーザー』とは?
レーザーの熱エネルギーで組織を焼き切る。主に歯茎などの軟組織を焼くために使用。


イメージ的には『』と『』です。
身体の組織に『』をあてるのと、『』をあてるのでは大きな違いです。
』をあてると組織は焼け焦げ、痛みを伴います。
人間の組織の大部分は『』でできており、『』をあてても変化はありません。身体に害を与えず、患部のみ切ることができます。
『ウォーターレーズMD』によって、治療中の『痛み』がへり、麻酔を使うことが少なくなります。

ウォーターレーズが適応できる症状(適応症)

むし歯
ほとんどの場合、麻酔を使用せずにむし歯を治療できます。

歯根の治療
殺菌に効果的で、治療期間も短縮できます。

知覚過敏(冷たい水や空気がしみる)
レーザー照射を行い、症状が軽減します。

歯周病
歯肉を切開し、膿を出す際にレーザーを使用するため、炎症が早く治ります。

口内炎
レーザー照射により、痛みが和らぎ、炎症が早く治ります。

歯茎が黒ずんでいる
歯茎の黒ずみの原因であるメラニンを痛みや出血などが伴わなずに、除去することができます。

歯茎が腫れている
歯肉を切開する際に痛みが少なく、治りが早い。

インプラント
水のエネルギーで骨を削るため、骨組織を熱で痛めることがありません。


※痛みの感じ方には個人差があります。また全ての症例に適用できるわけではありません。
※ウォーターレーズによる治療は保険適用外となります。

料金や治療について詳しくは、お気軽にご相談ください。

レーザー3種類

レーザーは用途や症例によって使い分けが必要です。